札幌市大通りにある歯医者さん「谷脇歯科クリニック」がおすすめするセラミック治療とは?

コラム

「谷脇歯科クリニック」がおすすめするセラミック治療

ご自身にあった歯医者さんを見つけるには?

「口元から銀歯が見えるのが恥ずかしい」との考えから、口を大きく開けて笑うことをためらってしまうことはありませんか?

一昔前の日本では、虫歯治療の過程で歯を削ることにより失った歯の機能を補うために銀歯を活用することが主流でした。
しかし、近年では様々な理由から銀歯にかわりセラミックが活用されるようになりました。

そこで今回は、なぜセラミックが活用されるようになったのか、詳しくご紹介していきましょう。

セラミックが活用される理由1:審美性に優れている

セラミックが活用される理由1:審美性に優れている

冒頭でお伝えしたように銀歯は口元から見えてしまうため審美性に劣ってしまい、人によってはコンプレックスになりかねません。
そこで、多くの歯医者さんがおすすめするのがセラミックです。
セラミックは天然の歯と見分けがつかない程の透明感のある白さを再現できるため、審美性に優れています。

セラミックが活用される理由2:プラークが付きにくい

銀歯は金属で形成されているために、お口の中で静電気が発生します。
その静電気は、虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を引き寄せてしまうため、虫歯や歯周病リスクを高めてしまいます。
しかし、セラミックの場合には、静電気はお口の中で発生しないため、虫歯や歯周病リスクを抑えることが可能となります。

セラミックが活用される理由3:金属アレルギーに対応

銀歯から金属イオンが溶け出し、身体の中に蓄積していくと金属アレルギーを誘発する恐れがあることが近年判明したため、銀歯にかわりセラミックが活用されるようになりました。

セラミックを簡単に説明すると陶磁器であり、瀬戸物などのお皿がそれにあたります。
セラミックで被せ物や詰め物(補綴物)を作製する場合には、金属を一切使用しないため、金属アレルギーである人にも活用でき、現在では多くの歯医者さんでもセラミックがおすすめされています。

セラミックが活用される理由4:経年劣化しにくい

銀歯の場合には経年劣化に伴い、銀歯自体がすり減ってしまったり、金属イオンが溶け出し周辺歯肉が黒ずんでしまったりする恐れもありますが、セラミックの場合にはそのような心配はありません。

さいごに

以上、今回は札幌市大通りにある「谷脇歯科クリニック」や、多くの歯医者さんも活用するセラミックについて詳しくご紹介して参りました。
セラミック治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー