小児歯科

 小児歯科

個人差はありますが、乳歯は生後6か月頃より生えはじめ、3歳頃には全ての乳歯20本が生えそろうと言われています。
虫歯のないお口の中の環境作りは、乳歯が生えた頃より、影響していきます。

「乳歯は抜けるから虫歯になっても大丈夫」そんな声も聞こえてきそうではありますが、それは大きな間違いです。
乳歯が虫歯になり進行してしまうと、その後に生えてくるだろう永久歯にも大きな影響を与えかねません。
乳歯の虫歯を予防し、お子さまのお口の中の健康を保ち、明るい未来へと繋げましょう。

子供の歯の治療

フッ素

フッ素塗布

虫歯になりにくくするために、フッ素塗布をおこないます。
乳歯、永久歯に関わらず生えたての歯は、とても柔らかくフッ素の成分が歯に浸透しやすいために、唾液成分のカルシムを吸収し、歯が硬くならないうちにフッ素塗布することをおススメします。
また、定期的におこなうことが有効とされ、うがいができない年齢のお子さんでも、安全にフッ素塗布をおこなうことも可能です。

シーラント

シーラント

虫歯の好発部位である乳臼歯の咬み合わせ部分の溝に、シーラントと呼ばれる薬剤を塗布し、溝を塞ぐことで虫歯を予防する方法です。
摩耗による経年劣化にともない、効果は薄れていくので、定期的なメンテナンスが必要となります。

虫歯の治療

虫歯の治療

乳歯、生えたばっかりの永久歯は細菌による酸などで虫歯になりやすいため、定期検診で早めに治療することが大切です。
さらに、フッ素塗布やシーラントをおこなったからといって、虫歯を完全に防ぐことはできず、毎日の歯磨きと口腔ケアが重要となります。

歯磨き指導

歯磨き指導

子供が歯磨きをする時に気を付けなければならないポイントは、大人が歯磨きする際と違う部分があります。
当院では、お子さまの歯の状態にあわせた歯磨きのポイントや歯ブラシを教えます。

歯科医院へ定期受診

お子さまが小さな頃より、定期的に歯科医院へ受診する習慣をつけることで、歯の大切さを小さな頃より意識し、将来虫歯となってしまった場合にも、初期虫歯の段階や、歯を削る量を最小限に抑えられる段階で虫歯の発見、治療をおこなうことが可能となります。
「虫歯になったら歯科医院へ受診」するのではなく、定期的に受診することを小さな頃より習慣づけましょう。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー

個別相談