歯周病

 歯周病

テレビやCMでも「歯周病」という言葉が使用されるようになり、みなさんも聞き覚えがあるのではないでしょうか。
歯周病とは「歯槽膿漏」とも呼ばれる口の中の疾患です。
国民(成人)の約8割が歯周病に罹患しているとも言われている身近な疾患です。

こんなお悩みありませんか?

歯周病 お悩みありませんか?

  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れている
  • ブラッシング時に出血する
  • 歯がしみる
  • かたい物が噛みにくい

歯肉炎と歯周病の違い

「歯肉炎」と「歯周病」は同じ歯肉に症状をきたす疾患でありますが、症状が少し異なり区別されています。
歯肉炎は歯周病の初期段階と位置付けられ、歯肉以外の歯周組織にも炎症が進むと歯周病となります。
歯肉炎か歯周病なのかの判断は目視のみではおこなえず、レントゲン撮影をおこない歯槽骨の吸収の有無で診断をいたします。

歯肉炎

・歯肉炎

歯肉炎は歯肉のみに炎症が認められる状況をさします。
自覚症状はなく、歯磨きなどで少量の出血をともなう場合があります。

歯周病

・歯周病

歯肉炎を放置していると、歯周病に進行します。
歯肉炎は歯肉の炎症のみでしたが、歯周病は歯周組織と呼ばれる歯根膜・歯槽骨・セメント質のいずれかに、炎症が広がっている状況をさします。

なぜ歯周病になるの?

不十分な歯磨きだと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまっていきます。
歯周病はこの細菌が繁殖することで引き起こされます。
歯ぐきが赤くブヨブヨとしてきたり、出血しやすくなるのは、細菌によって炎症を起こしているからです。
歯垢を放置すると石灰化し歯石へとなります。
歯垢や歯石をためたままにしていると歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなり、歯周病を進行させてしまいます。
また、歯周病はストレスや喫煙など生活習慣の乱れや、糖尿病などの病気によって免疫機能が低下している場合も進行しやすくなります。

歯周病を放置していたらどうなるの?

歯周病は下記のとおり、3つの段階に分類されています。
段階が進むにつれ歯を支える歯周組織は破壊されていき、歯と歯肉の間の溝である歯周ポケットの深さも進行とともに深くなり、
最後には歯を支えきれなくなり歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。

  • ・軽度の歯周病
    歯周ポケットの深さが2~4mm
    歯肉でとどまっていた歯肉の炎症が歯槽骨・歯根膜・セメント質を破壊し始めます。
  • ・中等度の歯周病
    歯周ポケットの深さが4~7mm
    歯肉の炎症は更に増し腫れあがり、ブヨブヨとしていて、歯磨きで出血することが多くなります。
    歯槽骨・歯根膜・セメント質も破壊され続け、歯肉も衰退し歯が長くなった印象をもちます。
  • ・重度の歯周病
    歯周ポケットの深さが6mm以上
    更に歯槽骨・歯根膜・セメント質は更に破壊され、歯がグラグラとするようになり、ついには歯を支えきれなくなり、歯が抜けおちてしまう場合もあります。

歯周病の全身への影響

歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきました。
しかし近年の医学の進歩により、歯周病はお口の中だけではなく様々な病気のリスク要因となることがわかってきました。
また、反対に様々な病気を持っている方が、歯周病にもなりやすいということもわかってきました。

糖尿病との関連

歯周病は糖尿病の合併症の一つです。

糖尿病の方はそうでない方よりも、歯肉炎や歯周炎にかかっている人の割合が格段に高いという研究結果がでています。 更には、歯周病になると糖尿病の症状が悪化するという因果関係も明らかになってきており、歯周病と糖尿病は良くない 影響を及ぼしあっていると考えられます。 ですがポジティブに考えると、歯周病治療がそのまま糖尿病の改善にもつながるということです。糖尿病との関連

心臓病との関連

心筋梗塞、狭心症など様々な血管障害も歯周病との関連が高いということがわかってきました。
血管障害は、食生活の乱れや運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていますが、別の要因として歯周病原因菌などの細菌感染も関係しているのです。

歯周病原因菌などの刺激により血管障害の原因物質が出て血管内にプラーク(脂肪性沈着物)が出来、血液の通り道が細くなります。
プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。
それらの頸動脈や心臓から剥がれ落ちたプラークや血の塊が飛んで来て脳血管などが詰まったりします。

歯周病の方はそうではない方よりも2.8倍も脳梗塞になり易いという研究結果が出ています。
血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、心臓病予防のためにも歯周病対策も行いましょう。心臓病との関連

低体重児早産との関連

妊婦が歯周病に感染している場合、低体重児や早産の危険性が高くなっていることが近年の研究でわかってきました。
これは口内の歯周病菌が血中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染するのが原因ではないかといわれています。

低体重児早産になる危険性は実に7倍にもなり、タバコやアルコール、高齢出産よりもはるかに危険性が高いのです。
生まれてくるわが子のためにも確実な歯周病治療と予防を行いましょう。低体重児早産との関連

歯周病の治療について

歯周病治療に必要なこと

  1. ①プラークコントロール
    歯周病は感染症です
    歯周病の原因は歯石と歯垢です。
    毎日の歯ミガキ、歯科医院での定期的なプラークコントロールをすることで、原因菌の発生を抑えます。
  2. ②生活習慣の見直し
    歯周病は生活習慣病です
    生活習慣の見直しをしましょう
    タバコをやめる、ストレスをためない、規則正しい生活を送る。
    このようなことが、歯周病の原因となっているライフスタイルが改善されて口腔内が健康に保たれることにつながります。

歯周病の治療方法

  1. ①スケーリング
    歯周病の原因は歯石と歯垢です。
    歯磨きや口腔ケアをおこたったり、上手くおこなえていなかったりすると、細菌の塊である歯垢が歯面などに付着し、歯石となります。
    歯石は更なる歯垢を付着させ歯周病を進行させてしまうため、スケーラーで歯石を除去します。
  2. ②ルートプレー二ング
    スケーリング後に、歯根表面に軟化し付着している組織などを除去し、歯根表面を滑らかなにします。
  3. ③歯磨き指導
    毎日おこなうセルフケアが歯周病を改善する近道です。
    正しい歯磨きを身に付けましょう。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー

個別相談