予防歯科

予防歯科

予防歯科とは、虫歯や歯周病にならないように“予防”を目的として、処置をおこなうことです。
従来の日本では「虫歯になってから治療をおこなう」ことが主流になっていましたが、8020運動の活動テーマである「80歳で20本以上の歯を保とう」とういう理念のもとに取り組んできたのが予防歯科です。

予防歯科が普及し始めているものの、20歳を迎える成人のわずか4%ほどしか、すべての歯を健康に保てていないとの報告がなされています。
また、歯周病は成人のおよそ80%もの人が罹患していると言われ、身近な疾患ではありますが、歯周病が進行すると最終的に歯を失いかねず、虫歯同様に見過ごせない疾患となります。

歯は人間が食べ物を噛み砕き栄養を摂取する上で、大切な臓器です。
ひと昔前までは、歯は食べるための道具と認識されていましたが、咬み合わせや歯並び、虫歯や歯周病などは、全身へも大きな影響を与えかねず、歯の健康は全身への健康に繋がります。

定期的に予防歯科を受診しましょう。

虫歯や歯周病になってしまう「根本原因」をご存知ですか?

しっかり歯磨きしていても「虫歯になってしまった……」という方は多いのではないでしょうか?
虫歯や歯周病になってしまう根本原因は、お口の中で悪さをする「細菌」です。
この細菌にしっかりアプローチできなければ、虫歯等になってしまいますし、たとえ治療をしたとしても再発してしまう可能性が高まります。

この「細菌」にアプローチしている歯医者さんが増えてきましたが、もちろん当院もその医院の1つです。
それでは、具体的にどのようなアプローチをしているのかをご紹介します。

口臭検査

口臭検査

「硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド」は「3大ガス」と言われ、悪臭のおよそ8割をこの3種類のガスで占めています。
口臭測定器(オーラルクロマ)では、3種類のガス「ppb」という、ごく少量の単位まで正確に分離検出します。
ジメチルサルファイド以外は「お口の細菌」に起因するガスですので、この検査によりどの部分を重点的に処置すべきかの診断が可能になります。

特定した細菌を直接叩く「3DS」

3ds

口臭検査で特定した細菌を3DSという手法で除菌・抗菌していきます。

具体的には、専用のマウスピース(ドラッグリテーナー)に薬剤を注入しお口に装着するだけで除菌していきますので、治療も短期間で終了します。

細菌だけではなく、バイオフィルムの除去も必要です!

予防歯科では、PMTCとよばれる処置をおこないます。どんなに的確に歯磨きや口腔ケアがおこなわれていたとしても、完璧にお口の中を清掃することは難しく、 歯科医師と歯科衛生士などの専門家が、専用の器具・機械を使用し、歯のクリーニングをおこないます。

PMTCでは、一般的な歯ブラシなどを使用した口腔ケアだけでは除去しきれないバイオフィルムなどを除去していき、滑らかな歯面になるように専用の器具や機械で磨き、歯垢(プラーク)を付着しにくくし、虫歯や歯周病予防をおこないます。

バイオフィルムとは、虫歯菌や歯周病菌など、お口の中に潜む細菌の塊(歯垢)です。ヌルヌルとして粘着性が高く、歯面や歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)、舌の表面、義歯にまで付着し、更なる歯垢を呼び寄せることにより、虫歯や歯周病に罹患するリスクを高めてしまいます。虫歯や歯周病を予防するために定期的にPMTCをおこない、バイオフィルムの形成を防ぐことで、お口の中の健康へと繋がります。

PMTC

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaning
歯磨きのプロ(P)が行う器具・機械(M)を使った歯(T)のクリーニング(C)

セルフケアだけではとれない細かい箇所の歯石や、汚れなどを綺麗にクリーニングします。 当院ではお口の健康を長く保つために。PMTCを勧めています。

Etak Oral Careイータック オーラル ケア

Etak Oral Care

当院では、口腔内装置の新製や調整時にEtak Oral Care(歯科専用抗菌スプレー)を使用し殺菌をしています。
Etak Oral Careは義歯(入れ歯)・マウスピース用の固定化抗菌成分Etakを配合した抗菌スプレーで、数回スプレーすると細菌を除去し24時間細菌の増殖を防ぐことが出来ます。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー

個別相談