一般歯科
(虫歯治療)

 一般歯科

一度虫歯になった歯が元に戻ることはありません。虫歯は歯を失うリスクが伴うお口の中の疾患です。
虫歯を未然に防ぐためには定期的に口の中の検診をおこない、正しい歯磨きや口腔ケアを患者さま自身でおこなうことが重要となります。

虫歯はどうしてなるの?

虫歯菌が生み出す酸によって歯が溶かされ、虫歯となります。
歯の表面を覆う、唾液由来のペリクルと呼ばれる薄い吸着性の高い膜に虫歯菌である、ストレプトコッカスミュータンス菌などが付着し、増殖していきます。
虫歯菌は、食べ物に含まれる糖分をエネルギーにし、歯の表面のプラークとして歯をむしばんでいきます。

虫歯は5つの段階に分類され、段階によって治療方法や治療期間も異なります。

虫歯初期

co

歯の表面組織である、エナメル質が溶かされ始めている「初期虫歯」と言われる状態です。
歯が酸によってとかされることを脱灰とよびます。
唾液にはこの初期虫歯をもとに戻す力があり、これを「再石灰化」といいます。
唾液成分のカルシウムとリンを歯が吸収することで、脱灰される前の状態に修復していきます。

c1

c1

再石灰化が追いつかず、エナメル質に穴が空いた状態です。甘いものや冷たいものを食べた時にしみる場合があります。
再石灰化は期待できず、虫歯部分を削る必要があります。
C1の段階の治療方法は、虫歯を削りレジンで穴を詰める簡単な治療をおこないます。

c2

c2

エナメル質の下の層である象牙質まで溶かされている状態です。
甘い物や冷たい物で痛みを感じる場合があります。
虫歯部分の歯が黒くみえます。象牙質は痛みを感じる組織であるために麻酔が必要となり、レジンで穴を詰める、またはインレーやクラウンの補綴物を被せる治療をおこないます。

c3

c3

象牙質の下の層である歯髄までもが虫歯菌により溶かされた状態です。
なにもしていなくても数分から数時間歯が痛む場合もあります。
麻酔を使用し虫歯部分を削るだけではなく、数回に分けておこなう根管治療を必要とします。根管治療後に補綴物を被せます。

c4

c4

歯がほとんど溶かされた状態です。歯をこのまま維持することは難しく、抜歯をおこなうことがほとんどです。
歯を失ったスペースに歯を補うために、ブリッジまたは部分床義歯、インプラントの治療をおこないます。

虫歯初期

co

歯の表面組織である、エナメル質が溶かされ始めている「初期虫歯」と言われる状態です。
歯が酸によってとかされることを脱灰とよびます。
唾液にはこの初期虫歯をもとに戻す力があり、これを「再石灰化」といいます。
唾液成分のカルシウムとリンを歯が吸収することで、脱灰される前の状態に修復していきます。

c1

c1

再石灰化が追いつかず、エナメル質に穴が空いた状態です。甘いものや冷たいものを食べた時にしみる場合があります。
再石灰化は期待できず、虫歯部分を削る必要があります。
C1の段階の治療方法は、虫歯を削りレジンで穴を詰める簡単な治療をおこないます。

c2

c2

エナメル質の下の層である象牙質まで溶かされている状態です。
甘い物や冷たい物で痛みを感じる場合があります。
虫歯部分の歯が黒くみえます。象牙質は痛みを感じる組織であるために麻酔が必要となり、レジンで穴を詰める、またはインレーやクラウンの補綴物を被せる治療をおこないます。

c3

c3

象牙質の下の層である歯髄までもが虫歯菌により溶かされた状態です。
なにもしていなくても数分から数時間歯が痛む場合もあります。
麻酔を使用し虫歯部分を削るだけではなく、数回に分けておこなう根管治療を必要とします。根管治療後に補綴物を被せます。

c4

c4

歯がほとんど溶かされた状態です。歯をこのまま維持することは難しく、抜歯をおこなうことがほとんどです。
歯を失ったスペースに歯を補うために、ブリッジまたは部分床義歯、インプラントの治療をおこないます。

どのような症状でお困りですか?

以下の症状がある場合、歯科医院へ受診をしましょう。

歯が痛い
歯が染みる

詰め物が取れた
被せ物が取れた

出血
歯肉が痛い

入れ歯が壊れた

顎が痛い

睡眠時
無呼吸症候群

当院の治療方法は、痛みの少ない治療を心がけています。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー

個別相談