ホワイトニング

 ホワイトニング

ホワイトニングとは黄ばんだ歯を、薬剤を使用して歯自体の色を白くする治療法です。
歯に色素が沈着してしまうと歯磨きでは改善することは難しく、歯の色素を専用の薬剤で分解し歯の黄ばみを改善させます。

「白い歯は第一印象をも左右する」との考えのもとから、表舞台で活躍する著名人なども近年では審美性にこだわり、
歯を白くする傾向があるように、現代の日本では、若者やビジネスマンをはじめ多くの人が、「白い歯」を求めホワイトニングをおこなうようになりました。

どうして歯は黄色くなるのか?

人間の歯は、食べ物を噛み砕き、栄養を体内に取り込むために存在します。 歯の表面組織であるエナメル質は白い色をしていると、認識されていますが、実は半透明な組織であり、エナメル質の下の層にある、クリーム色をした象牙質の色がエナメル質越しに透けることで、歯を白くみせています。

クリーム色をした象牙質も加齢と共に分厚くなり、クリーム色を更に濃くしていき、エナメル質越しにみえる象牙質の色が黄色くみえるために、個人差はありますが、年齢を重ねる毎に歯は黄色く黄ばんで見えるようになります。

また、歯が黄ばむ要因は加齢だけではありません。
着色性の強い食べ物や飲み物、タバコやワイン、コーヒーなどの嗜好品も歯を黄色くさせる要因となります。
唾液由来のペリクルと呼ばれる粘着性の膜に色素が付着し、着色汚れとなり本来の歯の色を失っていきます。

歯を磨く専用の機材と研磨剤である程度の着色を落とすことができますが、歯自体を白くするためには以下のホワイトニング方法をおこないます。

ホワイトニング方法

オフィスホワイトニング オフィスホワイトニングでは、歯科医師や歯科衛生士などの有資格者のみが取り扱うことができる過酸化尿素、過酸化水素が配合された薬剤でおこないます。
過酸化尿素、過酸化水素は歯に沈着した色素を分解する際に、活性化酵素であるフリーラジカルを発生させ、歯を白くさせていきます。
歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングでは、それら薬剤の反応を促進させるために、光照射などをおこないます。
1度おこなうだけで、歯の白さを実感することができる、即効性に優れたホワイト二ング方法です。
ホームホワイトニング ホームホワイトニングは、歯科医院で製作したマウスピースを自宅に持ち帰り、患者さま自身がおこなう方法です。
マウスピースに薬液を塗布し、定められた時間の間、歯にマウスピースを装着します。
オフィスホワイトニングで使用する薬剤とはことなる低濃度な薬剤を使用するため、白さを実感するまでに2週間以上かかるとされています。
白さを実感するまでには時間がかかりますが、持続期間は1年から2年とかなりもちます。
デュアルホワイトニング ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを合わせた方法になります。
確実に白くし色戻りがしにくいという長所があります。

ホワイトニング方法

オフィスホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの流れ

ホワイトニングをお考えの際は、
お気軽にご相談ください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

個別相談バナー

個別相談